目立たない歯の治療で美しく健康的な歯を保っていく

差し歯であることがわからない治療方法

歯の大部分を欠損してしまっている場合には、差し歯にすることが多くありますが、保険適用で行った場合には、どうしても金属の材質を使わなければならないので、歯茎に色がついてしまい、差し歯であることがまるわかりになってしまいます。しかし目立たない歯の治療ならばセラミックやレジンなど金属以外の素材を使って治療をすることになりますから、差し歯であることがバレることはなく、健康的で美しい歯を保っていくことが可能です。

目立たない詰め物も魅力的

虫歯がある程度進行してから歯医者に行くと、その部分に銀を詰めなければならないことがあります。銀を詰め込んでしまうと、著しく歯の色を損なってしまうこととなり、思うように笑うことさえままならなくなってしまいます。しかし目立たない詰め物を使った治療方法ならばこのようなコンプレックスを抱える心配もなく、歯と同じ色の詰め物をチョイスしてくれますから、口を開けてもひと目見ただけでは虫歯の治療をした歯であることがばれることはありません。

目立たない治療の多くは自由診療

目立たない歯の治療の多くが自由診療となるので、治療費を全額自己負担する必要があります。治療内容にもよりますが、安い場合には数万円程度で、最大に高くついても数十万円程度ですから、経済的に余裕がある方には問題の無い出費です、詰め物や差し歯の色などは自分で選べる場合があるので、周りの歯の色に合わせたり、自分の歯並びなどに合わせて適切な素材をチョイスしてもらえます。ぜひ目立たない歯の治療をして健康的になりましょう。

歯のセラミックの料金は被せる位置によって変わります。一般的には小臼歯より大臼歯の方が料金が高くなります。